歩合制だと会社員でも自営業者と同じ扱い?

住宅ローンの審査の中でも特に重視されるのは、収入が安定しているかどうかです。住宅ローンの場合、20年とか30年といった長期の返済期間となってしまいます。このため、将来にわたってずっと給料のもらえる可能性の高い人の方が審査の中では評価されやすい傾向が見られます。

 

人によって、給与体系のシステムが異なります。たいていのサラリーマンは、固定給で勤務しているはずです。毎月決まったお金が入ってくるわけですから、金融機関としては最もお金を貸したいお客さんとなります。しかしサラリーマンの中には、固定給以外の給与体系で勤務している人もいるでしょう。

 

最近のサラリーマンの中には、歩合制で勤務している人もいます。歩合制はその人の勤務実績に応じて給料の決まるシステムです。つまり成績いかんで、給料が上がったり下がったりします。歩合制のサラリーマンは、住宅ローンの審査では自営業者やフリーランスと一緒、収入の安定しない人とみなされる可能性が高いです。つまり従来のサラリーマンほど、審査に有利ではなくなります。

 

多くの歩合給のサラリーマンが、完全歩合制ではなく固定給と歩合制を組み合わせて給料が支払われているはずです。この場合、固定給と歩合給の割合を見ます。年収が500万円とか600万円もあれば十分審査をクリアできるレベルですが、固定給の割合が少ないと融資額が減らされるなどの問題が起きることも考えられます。

 

時給や日給制の人は、アルバイトや派遣社員のような非正規雇用の人が多いはずです。このような人は収入が少ないですし安定しない所がネックとみられ、住宅ローンの審査は厳しくなる傾向が見られます。

ランキング画像
ランキング画像イオン銀行 住宅ローン

イオン銀行画像

驚きの低金利!生活費も節約できる

イオングループでのお買いものが5%オフ!

保証料・繰上手数料0円

窓口での手軽な申込と融資のスピードの速さ


公式サイトへ

ランキング画像住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信銀行画像

充実した保障とサービスで人気!

インターネットで1円から返済可能

団信・8疾病の保険料無料!

固定も変動も低金利で満足度が高い


公式サイトへ

ランキング画像じぶん銀行 ネット住宅ローン

自分銀行カード画像

高い信頼性とトップクラスの金利

ATM手数料、他行宛振込手数料

7大疾病保障 1年分をキャッシュバック

事前審査から契約まで来店不要!


公式サイトへ