勤続期間は安定した収入を得ているかどうかチェックするために大事なこと

住宅ローンの審査の中で、安定した収入を得ているかどうかは重要なポイントです。年収の多少ももちろん考慮されますが、年度によって所得の上下が激しい人よりもそれほど高収入でなくても安定している人の方が、ローン審査の中では評価は高いです。

 

住宅ローンの融資条件として、多くの金融機関で最低勤続年数を決めています。銀行によって多少取扱いに違いがあるかもしれませんが、一般的には2〜3年が一つのラインとなります。銀行の中には、住宅ローンの本審査を受けるにあたって、勤続証明書の提出を求めるところも見られます。

 

勤続証明書とは、勤務する会社に作成してもらう書類で、書面は銀行で用意していることが多いです。いつから勤続していることを証明するといった内容の書面です。ちなみに正社員や契約社員、派遣社員などの勤務形態なども記載するような書面のものも見られます。そして会社名と本社所在地、責任者の名前を記入して完成です。

 

このように会社勤めしている人は、勤続年数も重視される点に留意しましょう。もしこれから転職を検討しているのであれば、転職する前の段階で住宅ローンの審査を受けた方が融資に有利に働く可能性があります。

 

ただし転職直後であっても、同じ業界で年収がアップしている、有名な企業に転職したと判断されれば、勤続年数が基準を満たしていなくても融資を受けられる可能性があります。勤続年数が1年未満でも、一貫したキャリアがあると判断されれば、融資も可能です。転職する人も増えている現在、勤続年数に関しては柔軟に対応している金融機関も多いです。

ランキング画像
ランキング画像イオン銀行 住宅ローン

イオン銀行画像

驚きの低金利!生活費も節約できる

イオングループでのお買いものが5%オフ!

保証料・繰上手数料0円

窓口での手軽な申込と融資のスピードの速さ


公式サイトへ

ランキング画像住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信銀行画像

充実した保障とサービスで人気!

インターネットで1円から返済可能

団信・8疾病の保険料無料!

固定も変動も低金利で満足度が高い


公式サイトへ

ランキング画像じぶん銀行 ネット住宅ローン

自分銀行カード画像

高い信頼性とトップクラスの金利

ATM手数料、他行宛振込手数料

7大疾病保障 1年分をキャッシュバック

事前審査から契約まで来店不要!


公式サイトへ