現在進行で利用中か完済しているかで判断は分かれる

住宅ローンの審査に関して紹介しているサイトがいろいろとあります。その中で「絶対大丈夫」から「ダメ」まで多彩な情報の書かれている項目に「消費者金融利用経験者は住宅ローンの審査に受かりにくいか?」があります。消費者金融利用経験者と住宅ローンの審査の関係は、現在進行で借り入れている人と完済している人とで少し異なります。

 

まず現在進行で借り入れをしている人の場合、住宅ローンの融資を受けてしまうとダブルで返済をしないといけなくなります。このため、融資をしても債権が焦げ付くリスクが高いと判断されてしまって、融資には消極的にならざるを得ません。ただしその人の年収に対して、それほど大きくない借金であれば融資を認める金融機関も出てくるでしょう。

 

では過去消費者金融を利用しても、その借金はすでに完済しているのならどうでしょうか?これは審査をする人によって判断の分かれるところです。

 

完済しているのであれば、「この人はお金を貸し付ければきちんと返済してくれる人だ」と返済実績を評価する担当者がいます。しかし一方で消費者金融を利用したこと自体を、「金銭的に追い込まれたことがある」とか「金銭にルーズだ」と解釈してマイナスの評価を下す担当者も見られます。

 

ただし完済しているのであれば、基本致命的なマイナスポイントにはならないと思って良いです。特に消費者金融を利用したのが5年よりも前のような古い過去の場合、それほど注視されることもないでしょう。ちなみに過去の返済で延滞があると、信用情報に登録されます。延滞があると、住宅ローンの審査はかなり厳しくなると思っておきましょう。

ランキング画像
ランキング画像イオン銀行 住宅ローン

イオン銀行画像

驚きの低金利!生活費も節約できる

イオングループでのお買いものが5%オフ!

保証料・繰上手数料0円

窓口での手軽な申込と融資のスピードの速さ


公式サイトへ

ランキング画像住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信銀行画像

充実した保障とサービスで人気!

インターネットで1円から返済可能

団信・8疾病の保険料無料!

固定も変動も低金利で満足度が高い


公式サイトへ

ランキング画像じぶん銀行 ネット住宅ローン

自分銀行カード画像

高い信頼性とトップクラスの金利

ATM手数料、他行宛振込手数料

7大疾病保障 1年分をキャッシュバック

事前審査から契約まで来店不要!


公式サイトへ