安定した収入があるかどうかが住宅ローン審査の重要ポイント

住宅ローンの申し込みをする中で、いくつか必要書類の提出が求められます。その中でも収入を証明する書類は、どの金融機関でも必ず求めます。個人事業主やフリーランスの方の場合、確定申告書が候補になります。個人事業主が住宅ローンの審査を受ける場合、直近3年分の確定申告の書類が必要だと思いましょう。

 

住宅ローンの審査の中で、銀行は申し込んだ人に継続的な収入があるかどうかを重視する傾向があります。個人事業主は会社などから給料をもらうのではなく、自分で仕事を見つけて稼がないといけません。このため、どうしても収入が安定していないとみなされ、住宅ローンの審査をクリアするのがサラリーマンなどと比較すると難しくなります。

 

過去3年間、現在行っている事業で一定の収入を得られているのであれば、一過性の所得でないことが証明できます。3年間事業を継続し、安定した収入を得ていることの証明のために3年間の確定申告書の提出が必要なのです。

 

個人事業主が住宅ローンの審査を通過するためには、事業の継続性が前提条件です。そして直近3年間が連続黒字であることも必要な条件だと思いましょう。確定申告書における合計所得金額からいろいろな控除額を差し引いた金額がどう推移しているか、住宅ローンの審査ではチェックされます。

 

もし直近3年間の中で1期でも赤字があれば、審査の通過は厳しくなると思ってください。金融機関によっては、申し込み段階で断られることもあります。中には3年間の平均所得をベースにして審査してくれるところもありますが、所得が極端に低い年があると不利になると思っておくべきです。

ランキング画像
ランキング画像イオン銀行 住宅ローン

イオン銀行画像

驚きの低金利!生活費も節約できる

イオングループでのお買いものが5%オフ!

保証料・繰上手数料0円

窓口での手軽な申込と融資のスピードの速さ


公式サイトへ

ランキング画像住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信銀行画像

充実した保障とサービスで人気!

インターネットで1円から返済可能

団信・8疾病の保険料無料!

固定も変動も低金利で満足度が高い


公式サイトへ

ランキング画像じぶん銀行 ネット住宅ローン

自分銀行カード画像

高い信頼性とトップクラスの金利

ATM手数料、他行宛振込手数料

7大疾病保障 1年分をキャッシュバック

事前審査から契約まで来店不要!


公式サイトへ