職業の安定性に欠ける人は審査も厳しい?

住宅ローンの審査の中で、スコアリングと呼ばれるシステムが使われます。これはいくつかの項目をその人の特性に合わせ、属性に分類します。属性ごとに得点が決められていて、その合計点数が金融機関の設定する一定の基準を超えていれば、審査通過の可能性が高まります。

 

属性の中には、審査で有利なものもあれば不利なものもあります。ここでは不利な属性の中でも主要なものを3つ紹介しましょう。

 

職業が安定していない
1つ目は、どのような職業についているかです。正社員であれば毎月給料が入ってきて安定した収入が約束されているため、高く評価されます。アルバイトやパート、派遣社員のような職業の安定していない人は不利な属性になります。自営業者は収入が高くても、まだ事業開始してから日が浅いと評価は低くなります。
賃貸物件に住んでいる

2つ目は居住形態です。家族名義でも本人名義でも構いませんが、持ち家で暮らしていると属性は有利です。賃貸物件の場合、返済ができないと逃げられる可能性があるため、不利な属性になりえます。ただしいまのところに長期間暮らしているのであれば、住宅ローンの審査でマイナスには評価されません。出来れば今の賃貸物件で3年以上の居住歴のあった方が、審査に通過しやすいです。

電話を持っていない

3つ目は電話に関してです。もしも返済に関して何かトラブルがあった場合、電話で連絡しやすい人の方が安心のためです。携帯電話よりは固定電話の方が属性として高く評価されます。しかし現代では携帯電話しか持っていない人も多いですから、携帯電話のみでも決定的な不利にはなりません。ただし電話を一切持っていない人は、かなり属性としては不利になります。

ランキング画像
ランキング画像イオン銀行 住宅ローン

イオン銀行画像

驚きの低金利!生活費も節約できる

イオングループでのお買いものが5%オフ!

保証料・繰上手数料0円

窓口での手軽な申込と融資のスピードの速さ


公式サイトへ

ランキング画像住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信銀行画像

充実した保障とサービスで人気!

インターネットで1円から返済可能

団信・8疾病の保険料無料!

固定も変動も低金利で満足度が高い


公式サイトへ

ランキング画像じぶん銀行 ネット住宅ローン

自分銀行カード画像

高い信頼性とトップクラスの金利

ATM手数料、他行宛振込手数料

7大疾病保障 1年分をキャッシュバック

事前審査から契約まで来店不要!


公式サイトへ