事故歴はいつまでも掲載され続けるものではない

住宅ローンの融資を受けるためには、金融機関の設定している審査をクリアする必要があります。住宅ローンの審査では、これまでの皆さんのカードやローンの利用状況について記録されている個人信用情報の照会も行います。

 

信用情報の中で問題のあることが記載されていると、住宅ローンの融資を受けるのは極めて難しくなります。特に、事故歴が登録されているとまず住宅ローンの審査をクリアするのは不可能と言って良いでしょう。事故歴とは、いわゆるブラックリストに載った状態のことです。

 

信用情報に事故歴が記載されるのは、まず延滞があります。延滞といっても1日でも遅れれば即ブラックになるわけではなく、一般的には3か月以上の悪質な延滞が条件です。

 

その他には自己破産をはじめとした債務整理を行うと、事故情報として登録されます。クレジットカードの支払いが滞ったなどのトラブルで、強制解約や強制退会させられた場合でもブラック情報は登録されます。

 

このような事故歴が記載されている段階では、住宅ローンにいくら申し込んでも融資はまず受けられません。しかしひとたび事故歴が載ると永久に解除できないわけでもありません。個人信用情報機関によって異なりますが、通常5〜7年もすれば事故歴の情報は削除されます。事故歴がクリアになってから申し込みをすれば、安定収入があると融資を受けられる可能性も増します。

 

その他に注意したいのは、申し込みブラックです。どの住宅ローンに申し込んだかも、信用情報に登録されます。あまりに短期間で申込件数が多いと、嫌がられる恐れもあります。確実に融資を受けたいからたくさんの所に同時並行で申し込みたい気持ちもわかりますが、かえって自分の首を絞める結果になりかねません。

ランキング画像
ランキング画像イオン銀行 住宅ローン

イオン銀行画像

驚きの低金利!生活費も節約できる

イオングループでのお買いものが5%オフ!

保証料・繰上手数料0円

窓口での手軽な申込と融資のスピードの速さ


公式サイトへ

ランキング画像住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信銀行画像

充実した保障とサービスで人気!

インターネットで1円から返済可能

団信・8疾病の保険料無料!

固定も変動も低金利で満足度が高い


公式サイトへ

ランキング画像じぶん銀行 ネット住宅ローン

自分銀行カード画像

高い信頼性とトップクラスの金利

ATM手数料、他行宛振込手数料

7大疾病保障 1年分をキャッシュバック

事前審査から契約まで来店不要!


公式サイトへ