仮審査の中で金融機関が重視する3つのポイント

住宅ローンの融資を受けるにあたって、通常は仮審査と本審査という2段階の審査を受けます。仮審査は事前審査とも言われていて、工事請負契約や売買契約をする前に住宅ローンの審査を通るかどうか事前に確認するために行います。ハウスメーカーや工務店もせっかく契約してもローンが受けられないのであれば、受注のチャンスを逃してしまいます。購入する側もせっかくそれまで時間をかけて物件探しをしても、時間の無駄になりかねないので本審査の前に仮審査を実施することが多いのです。

 

仮審査の中でいろいろな項目が審査材料として考慮されます。その中でも以下で紹介する3つのポイントを多くの金融機関が重視します。

年齢条件
特に完済時にいくつになるかを重視していて、多くの銀行で完済時年齢は80歳未満をポイントにしています。現在の年齢を考えて、借入期間がどのくらいになるかがお分かりになるでしょう。

 

返済負担率
返済負担率とは、それぞれの年収に対して年間のローン返済額がどのくらいの割合を占めるのかを算出したものです。一般的に年収に対して35%以内に収まっているかどうかが審査基準となります。

 

返済負担率で注意したいのは、実際のローン金利で計算しない点です。審査金利と言って、金利4%と仮定して返済負担率がどうなるのかをチェックする傾向が見られます。

 

勤務状況
会社勤めをしている場合、現在の職場の勤続年数はほとんどの金融機関がチェックします。銀行によって多少の違いがあるものの、勤続年数は1年以上としているところが多いです。その他には年収も重要で最低でも100〜150万円以上年収がないと審査を通さない銀行が中心のようです。
ランキング画像
ランキング画像イオン銀行 住宅ローン

イオン銀行画像

驚きの低金利!生活費も節約できる

イオングループでのお買いものが5%オフ!

保証料・繰上手数料0円

窓口での手軽な申込と融資のスピードの速さ


公式サイトへ

ランキング画像住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信銀行画像

充実した保障とサービスで人気!

インターネットで1円から返済可能

団信・8疾病の保険料無料!

固定も変動も低金利で満足度が高い


公式サイトへ

ランキング画像じぶん銀行 ネット住宅ローン

自分銀行カード画像

高い信頼性とトップクラスの金利

ATM手数料、他行宛振込手数料

7大疾病保障 1年分をキャッシュバック

事前審査から契約まで来店不要!


公式サイトへ