書類に不備と考えられる理由を3つ紹介

住宅ローンの申し込みをするに当たって、通常は仮審査を受けて、その後本審査、療法審査通過できれば融資を受けるといった流れになります。最初に突破しないといけない仮審査は本審査と比較すると提出する書類も少なく、スピーディに手続きは進むはずです。

 

仮審査の連絡ですが申し込んでから1週間前後が体験談の中では多いです。遅くても2週間後までにはたいていのケースで連絡がきます。ところが一部ケースを見てみると、3週間たっても連絡が来ないケースもあるようです。通常の3倍も手続きに時間がかかっている理由で多いのは、当所提出した書類に不備があったからです。書類に問題がなく、かつ審査回答に時間がかかっているとすれば、以下のような事情が考えられます。

 

申し込んだ人が自営業を営んでいるか、会社の役員である場合
このケースだと提出書類の中に、決算書が含まれるはずです。この決算書の内容解読には専門的な知識が必要なため、時間がかかっている可能性が考えられます。

 

借り入れのある場合
。この時借り入れを含めて住宅ローンを借入が場合の返済比率をチェックします。借入がある程度あって、返済比率を圧迫している場合慎重に審査が進められるため、時間が通常よりもかかってしまいます。

 

物件に問題が発生した場合

最後の理由として、皆さんが購入しようと思っている物件があります。金融機関にとっては、担保物件となるわけですが物件を確認したところ、問題のある個所が出てきたケースです。

 

もし待てども暮らせども審査結果の連絡が来ないようであれば、こちらから連絡をしてみても良いでしょう。そして進捗状況といつごろ返事が来るかの確認をしておいてください。

ランキング画像
ランキング画像イオン銀行 住宅ローン

イオン銀行画像

驚きの低金利!生活費も節約できる

イオングループでのお買いものが5%オフ!

保証料・繰上手数料0円

窓口での手軽な申込と融資のスピードの速さ


公式サイトへ

ランキング画像住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信銀行画像

充実した保障とサービスで人気!

インターネットで1円から返済可能

団信・8疾病の保険料無料!

固定も変動も低金利で満足度が高い


公式サイトへ

ランキング画像じぶん銀行 ネット住宅ローン

自分銀行カード画像

高い信頼性とトップクラスの金利

ATM手数料、他行宛振込手数料

7大疾病保障 1年分をキャッシュバック

事前審査から契約まで来店不要!


公式サイトへ